Menu

何らかの原因で

メンズ

企業ではデータの持ち運びの際にusbメモリを用いて、データの持ち運びをすることがあります。しかし、何らかの原因でデータを破損させてしまうこともありますが、復元ソフトを使うことでデータを取り戻すことができます。

詳しく見る

データを復元すること

男の人

データ復元に関することならプロに任せるのが一番です。何故なら、業務で取り扱っているデータはとても需要なものなので、プロに確実に復元してもらってインシデントや紛失の危険性を避ける必要があるからなのです。

詳しく見る

対処方法に関すること

システム

外付けhddをパソコンが認識しない場合には、キャッシュを削除して再起動するか、修理のプロである業者に対応してもらうと良いかもしれません。会社の状況やそのパソコンの使用用途に応じて、対処方法を模索すると良いでしょう。

詳しく見る

メールに代わる共有方法

ウーマン

取引先とのやり取りのなかで、一番手間のかかる作業が資料の共有です。従来はメールで送信する方法がオーソドックスでしたが、ファイル共有システムを導入すると社外の人でも時間や場所に関係なく資料が確認できます。

詳しく見る

業者を選ぶ基準

パソコン

パソコンやハードディスクが破損するなどしてデータが消えてしまった場合、データ復旧業者に対応を依頼すると安心です。保証内容などを比較して適切な業者を選択しましょう。

詳しく見る

手間とコストがかからない

パソコンを操作する人

映像データの安全な保存、そして商品やサービスの宣伝に使用する動画などをDVDに残すなら、大量のダビングを短期間で行なえる専門のサービスを利用すると良いでしょう。

詳しく見る

IT機器の管理に特化

男性

WEB上のサービスを提供している企業はIT機器を自社で管理することが当たり前だったのですが、データセンターを利用すれば安全なセキュリティを保てるというメリットがあります。

詳しく見る

復旧を依頼する

パソコン

企業で扱っているパソコンでは、顧客の情報や会社の重要な書類データが保存されています。そのため、個人情報管理や業務で行なう文章データをHDDにて保管している企業が多いことでしょう。しかし、いざ地震などの自然災害が起こった時には、ハードディスクのデータが飛んでしまうこともあります。そうすれば、貴重なデータ全てを失ってしまうことになりますので、個人情報の損失を引き起こし、裁判沙汰なんてことにもなりかねません。

企業で扱っている様々なデータは復旧することが可能です。一回無くしてしまったデータは元に戻せることがあるのです。もし、会社内での様々な貴重なデータをバックアップしていなかった、という場合でも安心してデータを復旧してくれる業者が存在します。

データ復旧を主に営業している業者は、データレスキューともいわれます。そんなデータレスキューの依頼はいくつかの要素で費用が決定します。まずはディスク容量で判断します。企業でどれくらいの容量でデータを管理しているかによって、復旧費用を算出の参考にします。また、どこが壊れているかも見るポイントです。HDDの中身全体が壊れているのか、一部のデータだけが紛失されているのかを見ていきます。あとは、どれくらい壊れているかによっても値段は変動します。実際にデータの復旧が簡単にできるものなら費用は安く済みます。さらには、復旧にどれくらいの手がかかるかを参考にします。復旧の工程数や日数が多いほど手間もかかります。そのため、どれくらいの故障具合かをトータルで考えて、データ復旧の費用は決まるのです。